Hay Fever

花粉症の改善

種村式花粉症治療

花粉症とは

人間の身体には、体内に体に悪影響を及ぼすものを攻撃し外に出そうとする働きがあります。これによって日々健康を維持しています。「花粉」という異物が体の中に入ってくると、体がそれを受け入れるかどうかを考えます。体が花粉を悪影響がでるものだと判断した場合、体は花粉と反応する物質をつくります。この物質を「IgE抗体」と呼びます。抗体ができた後、再び花粉が体内に入ると、抗体が鼻や目の粘膜にある細胞と結合し花粉を攻撃しできるだけ体の外に出そうとします。そのため、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないよう防御するなどの症状が出てくるのです。


これに対し、現代医学では、
対処療法:(今出ている症状を軽くするやり方)
根治療法:(原因をとるやり方)
があります。


いずれにせよ、薬を使用しますので、どうしても副作用がでてきます。
飲み薬:眠くなる
点眼薬:眼圧が上がる。持続はしない。
点鼻薬:一時的に鼻の内側の血管を収縮させ、鼻の内側が膨れるのを防ぎ鼻の通りをよくするが、使いすぎるとかえって鼻の内側の膨れがひどくなりより鼻がつまった状態になっていく。

種村式花粉症治療とは

東洋医学により、対処療法と根治療法を同時に行っていきます。
「花粉」という異物が体の中に入ってきた時に、体がそれを受け入れるかどうかの判断基準は、「花粉」が今の体の状態に対して悪い影響がある場合です。異物に対して体が影響しない状態であれば、異物ではなくなり、体も過剰な反応をしなくなります。
種村式花粉症治療は、その「花粉」に対して反応しない身体にしていきます。
そのメリットはどれだけあるのでしょう?


① 薬代やティッシュ代やマスク代がいらなくなる。
② 薬を使う時間を省略できる。
③ 副作用を気にする必要がなくなる。
④ 花粉症の季節にあきらめていた所へのお出かけができるようになる。
⑤ 病院代、そこまでの移動費や時間がなくなる。
⑥ 仕事に集中でき効率アップ
⑦ 趣味に没頭できる。
⑧ 息苦しいマスクともサヨナラできる。
それと同時に、花粉症を持っている方は肩こりや首のトラブルを抱えている人が多い
のですが、体全体のバランスを整える事で、症状が軽くなります。

花粉症とサヨナラするために守ってほしい事!!

花粉やアレルギーに反応しない身体にしていくには、最低5回は通院が必要です。1回目で症状が軽くなる人も多いのですが、治ったわけではないので、症状が安定するまで週2回以上のご来院で、まずは5回通院してください。5回以上通院されると、おおよそ7割くらいの人が、年内アレルギーに反応しなくなります。  
その後は、2年目からは3回前後。3年目は、2回前後で更に反応しなくなっていきます。目安としては、季節変わり目やご自分が一番症状が辛くなる時期の少し前に来院されるイメージでいいと思います。
ただ、この治療法で唯一治りにくいのは、毎日冷たい飲み物や食べ物を採っている場合と、毎日アルコール、特にビールを飲んでいる場合は効果が出ません。飲んでいる間は治りませんので、治療中は絶対に飲まないでください。
※アレルギー反応を助長します。





こんな症状からはサヨナラしましょう!

  • くしゃみ

    くしゃみ

  • 鼻水・鼻詰まり

    鼻水・鼻詰まり

  • 目の充血

    目の充血

  • 身体のだるさ

    身体のだるさ